そろそろマイホームが欲しいと思っている人必見!分譲と賃貸って結局どっちがいいの?

ー未分類

どうも、トヨです。色黒会計士です。

今回は、マイホームを検討している人のために、分譲マンションと賃貸マンションのメリット、デメリットをお話します。

マイホームを検討している人にとって明日から役立つ生活の情報になっています。

スポンサーリンク

はじめに

皆さんは、マイホームの購入を検討しはじめるのはいつ頃でしょうか。

自分は色んなところに住みたいから一生賃貸でいいやと思っていても、周りがマイホームを買っているのを見るとやはり欲しくなってしまうものです。

結婚して、子供できて家が狭くなった、一生独身で行くと決めたので自分だけの家が欲しい。等、マイホームが欲しい理由は様々です。

理由が様々あるように、分譲マンションが正解とか賃貸マンションが正解とはありません。ですので、両者のコスト面や利便性などのメリットとデメリットを知った上で、自分のライフスタイルに合わせてマイホームを検討してみてはいかがでしょうか。

では早速本題に進んでいきます。

賃貸と分譲ってどっちが最終的に支払う額は少ないの?

この問いは昔からある、多くの方の疑問ですが、賃貸にかかるコストと分譲マンションにかかるコストを比較することは難しいです。変動要因が多すぎて参考程度の情報だと思ったほうがいいです。

例えば、居住期間や居住地、居住人数、頭金がいくらあるか、ローンはいくら組むか等、かかるコストに対する要素が個別にたくさんあります。

自分の条件をあてはめてシュミレーションすることは可能ですが、あくまで予想でしかないので参考程度に考えておくのがいいでしょう。

賃貸マンションで住み続けることのメリット・デメリット

実家を出て、最初は多くの人が賃貸マンションに住むと思います。賃貸マンションがどんな感じなのかということについては、多少なりとも感じていて、二年に一回更新の時期がやってきて、引っ越すかどうか悩む人も多いんではないでしょうか。

住んでいるとそういった費用面に目がいき、なかなか賃貸のメリットを考える機会がないと思いますが、賃貸に住むメリットは、転勤や家族構成の変化などライフスタイルの変化に柔軟に対応できることです。

また、大家さんがいるので設備のメンテナンスや修繕は大家さんが負担してくれます。

礼金や敷金はかかりますが、分譲に比べると仲介手数料など初期費用として一気にかかるお金も少ないです。

デメリットとしては、まずはどんなに家賃を払っても資産としては何も残りません。

また、大家さんの持ち物であるため自分好みにリフォームなど自由にできません。

あとは、定年後収入がなくなっても家賃を払い続ける必要があり、老後の家賃代の貯金が必要になります。

分譲マンションのメリット・デメリット

やはり、分譲マンションのメリットとして最初に注目するのは、分譲マンションには資産価値があることですよね。売却することもできますし、あまり多くはないですが、最初に買った値段より高く売れることもあります。

大家さんは自分なので、自分好みの間取りにしたり、壁に穴を開けたら自由にカスタマイズできます。賃貸マンションと違い、ただ住んでいるという感覚ではなく、より愛着をもって住めるというのは人生を豊かにするという意味でメリットですね。

また、分譲マンションは賃貸マンションとことなり設備のスペックが高いです。床暖房がついていたり食洗機やディスポーザーがついている家もあります。

分譲マンションのデメリットはまず、圧倒的に初期コストがかかることです。住宅ローンを組んでの購入であれば、保証料など数百万円でかかります。

自分の持ち物になるため、自分自信でメンテナンスが必要になりますし、長く住んでいくことで老朽化も進んでいきます。

もし、急に転勤が決まって場合や、自分のライフスタイルの変化に対応しずらいです。

まとめ

最初にお話したように、賃貸と分譲でどっちが正解ということはありませんが、どちらが自分にとってお得なのかは重要だと思います。私の周りでも、もっと若い内に分譲にしておけばよかったと聞きますし、効果しないためにも情報はキャッチアップしていきましょう。

これからも生活に役立つ情報を発信していきますので、引き続きよろしくお願いします。

ー未分類
スポンサーリンク
シェアする
トヨトミをフォローする
スタディオンデマンド
タイトルとURLをコピーしました