転職を考えてるあなたに。転職前に自分の強みを理解せよ。オススメはストレングスファインダーです!

ー転職

皆さん、こんにちはスタディオンデマンドの富田です。

昨今、働き方改革や老後の資金作りなどが騒がれていますが、一生に1社の時代も終わりとなったと言われてきました。

そこで転職を考えているそこのあなたに朗報です!

転職前に自分の強みを理解しておくことで転職した後にすぐに結果に結びつけることが高くなります。

今回は転職を考えている人の明日からの生活に役立つ情報をお届けします。

そこでおすすめなのがストレングスファインダーです。

動画で学ぶならこちらから。

スポンサーリンク

転職前の強みの理解にストレングスファインダー

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%95%E3%81%82%E3%80%81%E6%89%8D%E8%83%BD-%E3%81%98%E3%81%B6%E3%82%93-%E3%81%AB%E7%9B%AE%E8%A6%9A%E3%82%81%E3%82%88%E3%81%86-%E6%96%B0%E7%89%88-%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC2-0/dp/4532321433

ストレングスファインダーを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

私も実は転職活動中に使ったことがあります。これはかなりおすすめです。

ストレングスファインダーは米国ギャラップ社の開発したオンライン「才能診断」ツールです。

Webサイト上で177個の質問に答えることで、自分の才能(=強みの元)が導き出されます。ストレングスファインダー®における「才能」は次のように定義されます。

『無意識に繰り返し現れる思考、感情、行動のパターン』
すなわち、自分の思考、感情、行動の「特徴」そのものが「才能=強みの元」だと言われます。

これを理解しておくと職務経歴書を書くときにもいきますし、面接なんかでも役立ちます。

私自身も面接の時に非常に役に立ちました。

転職前の強み作りに 34の資質に分かれる

ストレングスファインダー®では才能を34の資質(似たような才能の集まり)に分類しています。

そして、その34資質のうち、最も特徴的(優先度の高い思考、感情、行動のパターン)な5つを診断結果として出します。


※現在では別料金を支払うことで34資質すべての順位を知ることもできます。

最終的に5つの資質が当てはめられます。

転職前の強み作りに 実際にやってみた

私も実際にやってみました。結果は下記の5つになりました。

・達成欲:並外れたスタミナ、好奇心旺盛
・指令性:強い存在感、状況の主導権、決断力
・アレンジ:柔軟性、要素を構成し管理
・着想:アイデアマン、異なる現象を関連付ける力
・目標志向:目標邁進力、優先順位づけ→行動力

実際にやってみて私自身が営業を主にやっていたので当たっているなと感じました。

目的の達成のためにやり続けたり、その目標に向けて行動し続けることや、アイデアをもったり素直に柔軟に動けてリーダーシップもあるので。笑

こちらの面白いところは時が経つと結果が変わるところです。

時間が経ち、2年半ぶりにやった結果が下記です。

達成欲:並外れたスタミナ、好奇心旺盛
競争性:勝負事、競争には必ず勝つこと、一番を目指す
未来志向:夢と希望を与え、顔を上げ前を向いて進む勇気を与えられる人
目標志向:目標邁進力、優先順位づけ→行動力
最上志向:上を目指し向上させる、何かを極めたい

達成欲と目標志向は残りましたが、なんと3つも変わりました!

これはやってみてかなりびっくりしました。

そのため転職をするたびに実施することをおすすめするかもしれないです。

私の場合は転職を3回もしているのでその度にお世話になろうかと思いました。笑

結果から自己PRの肉付けに使えたりするのでぜひ転職前に自分の強みを理解した上で転職活動をしてみてください。

まとめ

今回は転職を考えている人に向けて自分の強みを理解するストレングスファインダーを紹介しました。

転職活動で自己分析をすることは大切です。

ギャップが発生しないように等身大の自分で面接に臨みましょう。

今後も明日からの生活に役立つ情報をお届けしていきます。

トミ

ー転職記事
スポンサーリンク
シェアする
トヨトミをフォローする
スタディオンデマンド
タイトルとURLをコピーしました