年収で1,000万以上を最速で達成する方法

ー未分類
トミ
トミ

皆さんこんにちは。トヨトミのトミです。マーケ全般支援のハピラフの代表をしています。

今回も明日からの生活に役立つ情報をお届けします。

今回は年収をあげたいと考えている人、サラリーマンに役立つ情報をお届け致します。

働いている人誰しもが目指すところである年収1,000万。

年収1,000万に行けたらどれだけ生活が裕福になることでしょう。毎年家族で海外旅行に行けたり、好きな食べ物食べれたり。じゅるり

そこで今回は年収1,000万を最速で達成する方法をお伝えします。

実年収1,000万に行こうと思えば皆さんはどんな職業を思いつきますか?

医者や弁護士、商社マン、スポーツ選手など思いつくかと思いますが、最短で行けるかというとなかなか難しいです。

医者や弁護士も下積みがあったり、商社マンも年功序列で30歳くらいでしょうか、1,000万を超えるのは。スポーツ選手も野球など限られたスポーツだけでしょう1,000万を超えるのは。

その中でも最短でということがキーワードですので、最短で行ける方法をお伝えします。

それは

①業界の構造

②職能の価値

③成功度合い

この3つがキーワードになります。

スポンサーリンク

年収1,000万を最短で目指すには①業界の構造

①はどの業界を選ぶかで決まります。

例えば成長している産業に身を置けばその成長に合わせて年収も成長していきますし、逆に縮小している産業だとそのままいると年収は縮小していきます。

なのでどの業界に身を置くかです。

それを念頭に置いて就職活動や転職活動をする必要があります。

年収1,000万を最短で目指すには②職能

②は職能です。どの職種が需要と供給で少ないと言われているか。

僕が思うに狙い目はデザイナーとエンジニアです。もっというと掛け合わせです。

マーケができるデザイナーやディレクションができるエンジニアはさらに希少性は増します。

また僕の知り合いでも無料のツールでエンジニアリングを勉強して1年で年収が300万から1,000万になった人もいます。

そのためどの職能の力をスキルをつけるのか、まだ何もない人は副業や仕事が終わってから勉強するのはありだと思います。

年収1,000万を最短で目指すには③成功度合い

③最後は成功度合いです。

自分が何に向いていてどれを選択するのが成功度合いが高いかです。

僕の場合は一つだけやるのは無理で飽きてしまうので1つで年収1,000万を目指すのではなく複数のことをやって1,000万を目指しました。

以上の3つを意識して動けば自ずと年収は上がっていくと思います。

まとめ

結局は行動しなければ何も変わらないので戦略を持ってキャリアを築いていきましょう。

就職活動がこれからの方はこれらを考えた上でどこに身を置いてどのスキルを成功度合い高く習得できるか、転職活動の人は自分がどこでなら勝てるか、価値の高い人材になれるのかを考え行動していきましょう。

富田

ー未分類
スポンサーリンク
シェアする
トヨトミをフォローする
スタディオンデマンド
タイトルとURLをコピーしました