突き抜けた存在になりたいなら、やってはいけない2つのこと。日々の行い次第で凡人のままになってしまいます。

ー勉強

どうも、トヨです。色黒会計士です。

今回は、仕事でもプライベートでも突き抜けた存在になりたい人がやってはいけない2つのことについてお話します。

世の中に色んな人がいてと思っているので、みんなが今から話すことをやる必要はないのですが、目的があってそれに達成したい人や、誰よりも突き抜けたい人は、これからお話しすることをやってはいけません。

私の体験をお話すると、難関試験である会計士の資格を目指していたので、勉強において突き抜けた存在になる必要がありました。会計士試験に受かるまでの道のりについては別途Youtubeで動画をアップしているので見てみてください。

ましてや、大学の3年から初めて卒業までの1.5年で受かると決めたので普通にやっていては受かりませんでした。

そこで、他の受験生より圧倒的に突き抜け、合格するためにやめた習慣をお話します。実際にやめてみて、生産性は上がりましたし、会計士試験も目標どおり1.5年で合格することができました。

なので、今からお話することをぜひ実践してみることをお勧めします。

また、記事の最後では少しでも今からお伝えすることを実践できるように、頑張れるコツをお話しています。

スポンサーリンク

突き抜けるためにやってはいけない2つのこと

  • TwitterやインスタなどのSNSに依存する
  • 受動的にテレビを見る

「TwitterやインスタなどのSNSに依存する」、「受動的にテレビを見る」ことがなぜダメなのかというと、理由は3つあります。

1、単純に時間が割かれる

SNSに関して、やっている人はわかると思うのですが、Twitterやインスタをみていると気づかないうちに多くの時間を割いています。移動時間に使う人が多いと思うのですが、毎日の移動時間をSNSに費やしてしまうと毎日通勤の往復1時間でも年間で考えると途轍もない時間になってしまいます。

また、テレビに関しても、なんとなくTVをつけているだけで、本当にその情報が欲しいわけではないことがほとんどで、必要であればネットで調べたり、必要なものだけを視聴することで十分なはずです。テレビをみるのが当たり前になっていると本当に知らず知らず時間が奪われてしまいます。

何か目標を持って突き抜けるために頑張っているときに、闇雲に時間を使ってしまうとその分達成から遠ざかります。

2、他人のことが気になってしまう

SNSをやっていると、自分の意思に関わらず自分がフォローしている人や、その人に関する見ず知らずの人の私生活が流れてきます。

自分に関わりのない、他人の生活ってどうでもいいです。突き抜けたいならTVのニュースで出てくるあった事もない芸能人のプライベートやSNSに出てくる他人の人生のことなんか気にならないないです。目的のために一心不乱にやるだけです。

また、他人のことをみてしまうと自分の今いる環境と比べてしまい、モチベーションの低下にも繋がります。

例えば、勉強や仕事に集中しなきゃいけない時なのに、自分の友達が他の友達とご飯に行っていて自分が誘われていないことをSNSで知った時に、なんとも言えないような寂しい気持ちになりませか?突き抜けるために、孤独はつきものですが、不要な感情が入ってしまうと生産性が落ちてしまいます。

まとめ

みんなが目指す必要はないけど、何かで突き抜けた存在になりたいなら、この2つはやめましょう。

  • TwitterやインスタなどのSNSに依存する
  • 受動的にテレビを見る

理由は、

  • 単純に時間を無駄にする
  • 他人のことが気になってしまう

ここからプラスαの話になります。

とは言っても、SNSやテレビをみたいと思います。僕がそれを実践するために意識していたのは、勉強できることに感謝して、受かりたいって想いを強くもつことでした。

ー勉強
スポンサーリンク
シェアする
トヨトミをフォローする
スタディオンデマンド
タイトルとURLをコピーしました