お金が貯まる人、貯まらない人。貯まる人はブランド品を選ぶワケを徹底解説。その理由は〇〇だった!?

ー勉強

皆さんこんにちは。トヨトミのトミです。

総合マーケティング支援のハピラフの代表をしています。

YouTubeでは動画で学ぶことができるので是非登録してもらえたら嬉しいです。

お金が貯まる人と貯まらない人っていると思うんですよね。

貯まる人は変に節約やケチってわけではないのに貯まる。

貯まらない人はちゃんと管理しているつもりでも月末になると残高ゼロになっていて貯まらない。。

今回はその中でも1つ事例を持ってきました!

お金の貯まる人はブランド品を選びます!!

えーーお金持ってるからじゃないの?と思うかもしれません。

実は本当に理由は違うんです。

この記事ではお金の貯まる人の思考法を学べて明日からの生活に役立ちます。

はい、結論から言います。

お金が貯まる人がブランド品を選ぶのは再利用価値が下がらないからです。

また、これは最初に投資できるお金がある人ができるのでそれがない人はシェアリングサービスを使うのも手です。

スポンサーリンク

再利用価値とは?

再利用価値とはその名の通り再度使うことができるか?です。

わかりやすく無名のリュックを10,000円で買ったとしてそれを半年ほど使いました。

それでそれを再度使いたいという人がいるかということです。

もちろん中にはそれでも使いたいという人がいるかもですがごく稀です。

逆にプラダのリュックを10万で買ったとして半年使いました。

プラダのリュックなので半年経っても大事に使っていれば欲しいという人は多数います。

それでプラダのリュックは9.5万で売れました。

結果半年間で無名のリュックを使った人は半年でそのリュックを使うために1万円利用料を支払ったとも言えます。

プラダのリュックを買った人は10万で買って9.5万で売れたので同じ5,000円の利用料を支払った

と言えます。

このようにブランド品には再利用価値があります。

結果ブランド品を買ったほうが長期的にみた時にお得になるかつ、リセル、すなわち再販売することができるのです。

シェアリング文化の浸透

また最近ではシェアリングの文化が浸透しつつあるのでそれを貸し出して利益を出すこともできます。

そのリュックを誰かに月額5,000円で貸し出して仮に2年レンタルするとしたら5,000*24=12万でもう購入単価の元が取れます。

是非、今後モノを買うときはこの再利用できるかという観点でモノを購入してみてください。

タイトルとURLをコピーしました